アットホームな雰囲気の中、
 仲間と情報交換ができる安心

小野 雅彦さん

年齢:29歳

入社年:2021年

所属:小田原営業所


01

仕事内容はどのようなものですか?

小田原営業所のタクシー乗務員として、日々多くのお客様を目的地にお送りしています。小田原駅を拠点とする「駅付け営業」なので、駅からタクシーをご利用になられるお客様をお乗せすることが多いです。駅付けは基本的にお客様をお送りした後、また駅のタクシー乗り場に戻りお客様をお待ちするのですが、途中で無線配車が入れば指定の場所にお客様をお迎えにあがることもあります。
乗務員の勤務スタイルはいくつかあるのですが、私は「隔日勤務」を選んでいます。朝6:30~25:30まで長時間働いた後は、その日はまるまるお休みになります。長時間勤務で大変だと感じるかもしれませんが、1日おきに休みがあるこの働き方が自分の身体に合っているようです。


02

日本交通横浜を選んだ理由は?

前職もタクシー乗務員として働いていましたが、日本交通横浜を選んだ理由はやはり業界最大手というところですね。以前、乗客として日本交通横浜を利用する機会がありましたが、他社と比べて乗っていて気持ちいいことが印象に残っていました。ただ目的地に着くだけでなく、乗車中の安心感や満足度も高いことは、業界最大手としてお客様に選ばれ続けている理由のひとつなのではと思います。


03

入社してみて実際に感じた社内の印象は?

実際に入社して乗務員として接客の教育を受け、緊張感に身が引き締まる気がしました。お客様が車内を快適に過ごしていただくために、乗務員1人ひとりが日本交通横浜の「スタンダード」を実行しているんです。制服に袖を通すたびに、自分もその一員である心地よいプライドを感じます。


04

営業所の特徴はなんですか?

現在小田原営業所には、私を含めて乗務員が54名所属しています。ベテランの方が多く、アットホームな雰囲気が気に入っています。営業所で先輩乗務員に会うと、みなさんから「今日どうだった?」と気さくに話しかけてもらえます。仕事の悩みや困っていることを気軽に相談できるので、1人で問題を抱え込まなくていい安心感があります。
先日、日本語に慣れていないお客様が乗車され、ナビを見ても目的地が分からず、途方に暮れたことがありました。その話をしたら同じような経験をした乗務員から、「そういうときは、Map pleaseというといいよ」とアドバイスをもらいました。お客様は日本語のナビがわからなくても、目的地を示す紙の地図を持っていることがあるようです。こうした気軽な雑談の中で得るノウハウは、日々の仕事にとても役立っています。


05

将来の夢はありますか?

いまは小田原駅での駅待ちや無線による配車でお客様をお乗せしていますが、将来は「小野さんでお願いします」と指名をもらえるようなドライバーになりたいですね。乗務員の仕事をしていてよかったと感じるのは、お客様からの「ありがとう」という言葉です。その1つひとつを大切にして積み重ねながら、「小田原でタクシーに乗るなら小野さん」とご指名をいただけるような存在を目指したいです。

所属営業所

小田原営業所

住所
〒250-0004
神奈川県小田原市浜町3-6-5
最寄駅
相鉄線/JR線・小田急線・大雄山線 小田原駅 徒歩15分
電話番号
0456-24-1233